まつ毛の毛周期


髪、腕や足の毛など、全ての毛には毛周期があります。
人によって異なりますが、髪は3年から7年、まつ毛は
3週間から4ヶ月の周期です。生えて抜け落ちるまでが、体の中で1番早い毛なんです。

まつ毛の周期

毛は、毛根辺りにある幹細胞から分化した”毛母細胞”の働きによって生まれて来ます。そして、いつも全ての毛包(まつ毛が生えて来る元)からまつ毛が生えて来る訳ではなく、休止期といってお休みしている毛包もあるのです。この休止期が有り、成長期がある事で、常に一定量のまつ毛となっています。

成長初期
毛包の中で、毛が成長を始める時期です。生まれたばかりの毛は柔らかく、コシの無い状態で、これから強い毛へ成長して行きます。この時期にまつ毛エクステンションのグルーを塗ってしまい、毛穴を塞いでしまうと、正常な毛周期を止めてしまい生えて来ませんので、注意しましょう。

成長期
まつ毛が皮膚の上に顔を出す頃の時期です。まだまつ毛は短いですが、初期に比べると毛にコシも出て、どんどん長く、太くなって行きます。

退行期
まつげの毛母細胞の機能が消滅し、成長が止まってしまう時期です。この時期は、まつ毛が成長し、コシも出て長く太くなり、眼球を守る本来の機能を果たしていく時期となります。この時期から成長していく事はなく、この状態を維持して行きます。

休止期
毛が抜け落ちて、次にまつ毛を生やすための準備をしている期間です。

医薬品や美容液は、このお休みしている毛包を活性化して、まつ毛の育毛を助け、
更に毛が抜け落ちるまでの期間を長くする事で、増えたり長く見える様にします。

つまり、伸ばす、増やすと言うよりは、休止期に移行するまでの期間を長くする事で抜けないようにし、休止期や成長初期の活動を活性化する事によって、皮膚の上に出て来ているまつ毛を増やす事で、増えて見える、長く見えるようにするイメージです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする