ニベア、馬油、リップクリーム、ワセリン

一般的に知られている、ニベアや馬油、最近ではリップクリーム、ワセリンなどでまつ毛を増やす方法ですが、結論として、どれ もまつ毛は増えたり伸びたりしません。

まつ毛美容液の代わりに使用する事は、おすすめ出来ない理由は、

1、目や目周りに配慮されて作られたクリームやオイルでは無い
2、育毛の効果は無い

このような理由からなんです。

ニベアクリーム:まつ毛におすすめ出来ない理由


ニベアは、高級クリーム「ドゥ・ラ・メール」と同じ成分が配合されているとテレビで報道されたようです。そこから、お肌やまつ毛にも効果が有るクリーム、しかも、大きい青缶(169g)がドラッグストアで500から700円前後で購入できるという事で、爆発的な人気が出てきたんですね。

昔から、良い香りがして、保湿力の高いハンドクリームとして人気があったニベアクリーム。でも、目周りの皮膚は、みなさんご存知のように、アイクリームが別で販売されているほど、皮膚が薄くデリケートな部分です。しかも、目の中の粘膜や角膜は、皮膚とは違う細胞で出来ている為、痛みに敏感、感染なども起こしやすい部分です。だから、目薬と言う目専用の治療薬が有るのですね。

まつ毛は、そのような薄い皮膚から生えており、しかも目に近い部分に有ります。お顔のスキンケアで、まつ毛に勝手についてしまうくらいなら良いのですが、ニベアクリームを綿棒に取り、まつ毛の根元に塗る事は、まつ毛の毛根を塞ぎ、まつ毛周りの皮膚や、目に入った場合も刺激が強く、特に長期間の使用には向きません。

そして、まつ毛に塗ってまつ毛が増えるのであれば、他の部分の毛もフサフサになるはずです。ハンドクリームの使用であれば、手の甲の毛が増えると言う事になってしまいます。これでは、困ってしまいますよね?
恐らく、増えていらっしゃらないと思います。

まつ毛は、毛周期は違いますが、毛の生え方のサイクルに関しては、他の毛と同じです。その為、ニベアクリームには、育毛の効果は無いと言える理由です。保湿力に優れたニベアクリームですので、あらかじめおすすめされている、手やお顔など、お肌の保湿に使用する方が良いのではないかと思います。

【ニベアの成分】(配合量が多い成分より)
水、ミネラルオイル、ワセリン、グリセリン、水添ポリイソブテン、シクロメチコン、マイクロクリスタリンワックス、ラノリンアルコール、パラフィン、スクワラン、ホホバ油、オレイン酸デシル、オクチルドデカノール、ジステアリン酸Al、ステアリン酸Mg、硫酸Mg、クエン酸、安息香酸Na、香料

馬油:まつ毛におすすめ出来ない理由

馬油はマーユ、バーユと呼ばれており、オレイン酸、パルミトレイン酸、パルミチン酸、リノール酸、リノレン酸などの脂肪酸を多く含み、人間の皮脂とよく似ている性質を持っている事から、お肌や髪の保湿に使用されています。スキンケアやシャンプーなどのヘアケアに配合されている事が多いですね。(オリーブオイルも、似たような成分です)

70ml入りのものが1500円から1800円でお安く購入できるなどで、手軽に購入できます。

人間の皮脂と同じような成分、つまり保湿の成分が抜群で、しかもお肌に負担がかかりにくい事から、保湿と言う意味で素晴らしい効果が有るようですが、目周りの使用には向きません。目に入った時に、かなりしみます。(やってみました)そして、確かに他のオイルよりは、温めるとサラッとするので塗りやすいのですが、刺激が強くて、効果が現れるまでの数ヶ月間、塗る事が出来るとは思えないほどでした。

目に炎症を起こす可能性もあるので、馬油の目のキワへの使用は、避けた方が良いと思います。

リップクリームはまつ毛に効果あり?


リップクリームをまつ毛に塗って、まつ毛が伸びたと言う口コミも時々見受けます。色んな物をまつ毛に塗って効果を試されているのですね!

ただ、リップクリームもお勧めしません。まつ毛の保湿に良いと言われているようですが、薬用リップクリームを使用した時には刺激が強すぎて、涙が止まりませんし、ジェルタイプは目周りに塗っただけでベトベト、まばたきをする度に目に入ってしまい、効果を感じる以前に塗り心地が悪いです。

ワセリンはまつ毛に効果あり?


お肌にも唇にも使用できる万能なワセリン。とっても安く手に入りますし、ニベアと同様、家庭に一つは置いてある事も多いと思います。

そのワセリンですが、まつ毛への効果はあるのか?ですが、無いと言って良いと思います。

注意しないといけない事は、ワセリンは粘弾性が強く、固めのテクスチャーです。そして、そのワセリンを分厚く塗る事によって毛穴や皮膚表面が、完全に塞がれてしまい、皮膚呼吸ができず毛穴を詰まらせてしまう為、皮膚呼吸が出来なくなる事によるかぶれ、じんましん、赤みが出る事が多いです。

普通の皮膚に使用しても、この様な症状が出る為、まつ毛のキワに塗る事で、まつ毛の毛穴を埋めてしまう事になりかねないワセリンの使用はお勧めしませんし、まつ毛に効果があるとは思えない為、まつ毛への使用は止めておきましょう。

そして、ワセリンをまつ毛に塗った後のベタベタ感は、ジェルタイプのリップクリームを塗った後と同じ様な状態になってしまうので、注意です!

まとめ

保湿に優れた4点、ニベアクリームと馬油、リップクリーム、ワセリン。まつ毛周囲の皮膚が何らかの原因で乾燥している場合、確かに保湿をすると毛根の働きも正常になり、まつ毛が生えやすい環境となると思います。

ただ、まつ毛を増やす為には、長期間の使用が必要です。
目のかゆみや充血、目やに(眼脂)など、目のアレルギーを引き起こす可能性があります。目への刺激や炎症が強い事から、まつ毛を増やすために使用は避けた方が良いと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク